ドクロの心臓ブログ

dokurozaru.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:フランケンシュタイン( 108 )


2010年 12月 26日

木星帰りの男

ガンダムで一番好きな話『ニュータイプ、シャリア・ブル』
ニュータイプ同士の戦いといったらこれしかないと思うんだけど。
ララアとかシャアとの戦いは興奮しないんだよね。カッコよくない。
「すごい、敵のパイロットはこちらの位置と地球の一直線を読めるのか!?」
「下がれ、この敵はいつものモビルアーマーとは違うぞ!下がれ!」
「ガンダムの反応が遅い!?」
「あのパイロットは反対からの攻撃も読んだ!?」
「なんだ!?見つけたのか!」
「ガンダムの操縦系が僕のスピードについてこれないんだ・・・。」
これらのやり取り最高~!
c0154393_1123242.jpg


c0154393_1124912.jpg


c0154393_11321.jpg


c0154393_1132048.jpg


c0154393_1133850.jpg


c0154393_1135172.jpg
[PR]

by dokurozaru | 2010-12-26 23:56 | フランケンシュタイン
2010年 12月 07日

too fast to live,to young to die

いつまで生きられるかわからんで、作りたいと思う物を作り続けている。
作りたい順番に作らんといかんよな、本当は。
作れなくなるときってどんな時なんだろう。
とりあえず手指と目がやられたらダメだな、と思う。
視力は老化で衰えていく。ということは長生きできても見えなくなってくると模型はできなくなるのかな。先人たちはどうしてきたんだろう。
左手がダメでも模型は何とかできると思ってた。
右手か目がダメになったらギターに戻ろうかと思ってた。

c0154393_18235224.jpg
[PR]

by dokurozaru | 2010-12-07 18:20 | フランケンシュタイン
2010年 10月 31日

第三者の声

思い込みやご都合主義に気づかせてもらえるだけじゃなくて、違った視点が参考になることもある。
聞いてみるもんだねえ。
ありがたい。
c0154393_23574684.jpg
[PR]

by dokurozaru | 2010-10-31 23:55 | フランケンシュタイン
2010年 08月 15日

プロジェクトZETA

月面移動砲台サイロンは「プロジェクトZETA」において、スーツ7機、ルナダイバー2機を沈めている。また、傭兵軍は最新戦闘機「コスモパルサー」1機をも失っている。パイロットはスレッガー・狼。
[PR]

by dokurozaru | 2010-08-15 16:28 | フランケンシュタイン
2010年 08月 03日

6 短縮版

 『海老一』と大きく書かれた反重力装甲漁船が、ホバー艇『リトルピッグ』を先導するようにスリンガーランドの砂漠を飛んでいる。
 リトルピッグは報酬次第でどんな仕事でも引き受けるピースメイカー『バズ&フライヤーズ』の船で、今回は「逃がし」の仕事だが、それを専門としているチームがことごとく断っているようなヤマらしい。
 リーダーであるバズ・ウェインはデコイを使って犠牲者が増えることを懸念し、気心の知れた漁師の『海老一』を護衛に雇い、ストレートに移動する方法を選択した。
 『海老一』は、海老原一善、三郎の親子2代で仕事をしている凄腕の漁師だ。しかも、今回は同盟関係にあるチームから預かっている若者C.B.JIMも修行として同行している。


「逆光でよく見えません!……速い!撃ってきた!下の船を狙ってる!」
 船首で砲手をする一善は相手を認識し、眉間にしわを寄せながら正確に機銃を撃ち始めた。
「こりゃマズイぞい。」
 その掃射を軽くかわしながら、横をすり抜けた機体を見て、三郎も息をのんだ。
「魔女か!?」

 被弾しながらも速度を落とさず、リトルピッグも対空砲で反撃を始めていた。
「魔女やとぉ!?」
「ヤバイな……」
 揺れるホバー艇の中で森やんとバズはつぶやいた。
「何だそいつは?」
「俺らは守りのプロ、奴は殺しのプロ。それも超一流。追っ手は確実にアンタを消したいらしい……。」
「あんた達には大金を払ってるんだ、大丈夫だろうな!?」
「いや、魔女は想定外だ。甘く見ていたつもりはないが、ツケを払う必要があるかもしれん。」
「…………!?」
「な~に、俺らだって、あないなズベ公にそう簡単にはやられへんわ。」

 
「JIM、次の攻撃をかわしたらお前は逃げろ。」
「何言ってるんですか!?」
「お前に何かあったら海老一の名に傷が付く。お前ならバイクで逃げ切れるだろう。」
「そんなにヤバイ相手なら俺も一緒に戦います!」
「ダメだ!俺たちはバズに大きな借りがあるが、お前を巻き込むわけにはいかん。」
「JIM、お前はいい筋しとる。ええチームを作れよ。孫とも仲良くしてやってくれい。」
「一善さん……」

「最悪の場合、俺たちがデコイになってアンタを隠す。」
「あんた達は……!?」
「俺たちには俺たちの流儀がある。万一の時は海老一の家族に報酬を渡してやってほしい。」
「わ、わかった。約束する。」
「いいねえ。この時代、約束とか信頼がなきゃ人間やってる意味がねえもんな。俺らの生き様を見といてくれよ。」
 バズはニヤリとして操縦桿を強く握りなおした。
[PR]

by dokurozaru | 2010-08-03 22:29 | フランケンシュタイン
2010年 05月 27日

c0154393_2227412.jpg


c0154393_2228661.jpg
[PR]

by dokurozaru | 2010-05-27 09:32 | フランケンシュタイン
2010年 05月 26日

髑髏

c0154393_22211023.jpg


c0154393_2224271.jpg
[PR]

by dokurozaru | 2010-05-26 22:24 | フランケンシュタイン
2010年 05月 19日

巡航ミサイル爆撃機

『C.M.C』クルージング・ミサイル・キャリアー


珠惑のホリディ サマービーチ 波の光に揺れるパラソル

シーサイドテラスに腰掛け あの娘とワインをかたむけてると

轟音が鳴り響き空からミサイルが落ちてきた 海辺で遊ぶ磯ガニは慌てふためいて走り出す

バカンスを楽しむ人々は散り散りに逃げ惑う

砂浜は爆発し 哀れみんなは一巻の終わり


爆撃機が400機 所狭しと飛び回り 

機関銃の音が響き対空砲火の玉が飛び交う

500㌔爆弾 ガス爆弾 雨あられと舞い落ちる リゾートホテルは粉々に壊れ火の粉は海に降り注ぐ

突然空は真っ黒こげ 悲劇と化したサマービーチ

ヤシの木茂る海辺の歴史は あっという間に木っ端微塵


C.M.C C.M.C Summer Day Summer Beach Summer Sun

突然空は丸こげ 悲劇のサマービーチ


  (────「C.M.C」 詞:大江慎也 曲:The Roosters)
c0154393_2103887.jpg
[PR]

by dokurozaru | 2010-05-19 21:03 | フランケンシュタイン
2010年 05月 16日

ドラゴンサイクル

ブリングバスター
サイロン
二足歩行メカ
ホエールライオット
c0154393_019676.jpg
[PR]

by dokurozaru | 2010-05-16 00:19 | フランケンシュタイン
2010年 05月 05日

もう5月

スピードアップしなきゃね。
今日考えた民兵の名前。
「レインドッグ」
ブランキーの曲名から。
でも、これ昔ウークス×ソルティドッグで使った。
俺ってホント広げられないなあ・・・(^_^;
[PR]

by dokurozaru | 2010-05-05 21:27 | フランケンシュタイン