ドクロの心臓ブログ

dokurozaru.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 20日

『WORST』14巻を久しぶりに手に取った

この巻は読み返すことがほとんどない。
なぜなら、この巻で鉄生が死んでしまうから。
悲しくて読むのが辛いから避けてしまう。

なんで鉄生は死んでしまったのだろう。
なぜ作者は鉄生に事故死という人生を背負わせてしまったんだろう。
スネイクヘッズの陣内が死んだのは、なんとなく業としてわかるような気がする。
でも、あの鉄生が信号無視をしてきた車にはねられるという展開はあまりに唐突すぎてショックだった。
自分が一番好きなキャラだから、思い入れが強くて受け入れられないってことなのかなあ。
でも、鉄生はバカで面白い魅力的なキャラだから人気があったと思うんだけど、なんでこいつなんだろう。
(大切な)人の死を受け入れるということ、そして自分の生と死。
『WORST』14巻を読んでそんなことを考えちゃった夏の午後(^_^;
c0154393_16241869.jpg
[PR]

by dokurozaru | 2008-08-20 16:31 | フランケンシュタイン


<< 女囚さそり      一本取るのが日本柔道 >>