ドクロの心臓ブログ

dokurozaru.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 05日

サンダーバードガス(その1)

荒野・砂漠のどこかには石油関連施設があるに決まっている(笑)
そして、そこは悪者に狙われることになっている。
そういう風にすり込まれています。
でも、バータータウンみたいに、そこを中心に栄えさせてもいいかもなあ。
一応、残った都市部に人は集まってブレラン・迷宮のように生活してるつもりだったから、
その対比で都市郊外は無法地帯のスリンガーランドにしてみたんだけど。
都市に行けばいいのに、あえてそういう場所で生活するアウトローみたいな。
ウェスタンも好きだった影響かなあ。
「夕日をバックに彼は言った。俺たちの国境は地平線さ」
ブランキーのPUNKEY BAD HIPより。
この曲も『ドクロの心臓』の中心にあるんだけど、この話は先に置いといて、
石油施設の名前はサンダーバードガス。
これもブランキーの『HALEM JETS』のイラストのガソリンスタンドから採用(笑)
イメージは当然マッドマックス2とアルマゲドンのハリー・スタンパー(だっけ?)の施設とかチームかな。
あんな危険な仕事、敵だらけの状況、漢たちを束ねるリーダーはどんなヤツにしようかと思ったら、
やっぱ俺の中では『CROWS』では下克上で頂点を目指し、
『WORST』では、偉大なボスとして殺し屋鳳仙をまとめたキングジョーしか思い浮かばないんだよなあ~
高校生なんだけど(笑)
[PR]

by dokurozaru | 2007-12-05 11:39 | サンダーバードガス


<< サンダーバードガス(その2)      荒廃した土地 >>